FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどものお弁当講習会 終了しました

5月27日(月)、こどものお弁当講習会を開催しました。
当日は24名のお客様にお越しいただきました。
フォトギャラリー
 
こどものお弁当講習会

・お弁当が大切なわけ
・よいお弁当6つの条件
・おさえておきたいポイント
・理想の型紙
・手ばかり、目ばかり
・お弁当のいろどり
 …緑・赤・黄etc.のおかず
・短時間で作りたい
・お弁当の詰め方
・食品の衛生
・手間の貯金5ポイント
・お弁当作り体験談

 講習内容は
 以下の書籍を参考に
 まとめられました。

・やっぱりお昼はおべんとう
・魔法の鍋帽子
・羽仁もと子著作集
  第九巻 家事家計編
・かぞくのじかん

※いずれも婦人之友社出版



  熱心にメモを取る参加者のみなさまUntitled_20130530163647.jpg

+++++++++++++++++++++++
「お弁当講習会」感想

 お弁当を作っている方々ならば一度はお弁当作りの悩みを持った事はないでしょうか?
今回会員Kさんがお弁当の良いところ、最近危ぶまれる現代っ子の食習慣を、
「コケッココ」→コ…孤食(ひとりぼっちの食事)ケッ…欠食(食事を抜く)
コ…個食(家族が別の料理を食べる)コ…固食(いつも同じ料理を食べる)として
食事の重要性を説明されました。
昼食は一番活動している時間の食事である「お弁当の6つのポイント」として、
何をどのくらい量入れれば良いか、年齢別に食べられる量、食べ易い大きさと形、
子供に媚びない実質的な内容で、運動量によって加減する。
見本として会員持参のお弁当(ご飯タイプにはのり巻き、パンタイプには
ロールパン)それぞれに合うおかず、年齢別量の加減などが分かりやすく、
お客様にも実際に試食して頂きました。

 友の会が推奨している理想のお弁当型紙、手ばかり、目ばかり、
フリージング、常備菜、手間貯金、お弁当の彩りの説明、詰め方と
実質的な内容にお客さまは熱心にメモをとられていました。
これからの季節に重要な食品の衛生についてのポイントと知恵では抗菌シート、
梅酢スプレーの使用方法についての説明、保温弁当箱、お弁当箱選び方、
乾物の活用にはお客様からの質問もあり、会場は和やかながら、活気がありました。
講習内容は幅広い内容でありながらも分かり易く講師の会員Kさんの熱意が
皆さんに伝わった様子に私も嬉しくなりました。

 最後に会員が作ったそれぞれのお弁当が映像に映し出されました。
友の会が長年培った少しの手間と知恵を知る事で毎日のお弁当作りにお困りの方々の
お役になればとの思いです。みなさんご参加いただいてありがとうございました。

(会員H 2012年入会)
+++++++++++++++++++++++

写真 ・ 左)お弁当の実例を展示(幼稚園、小学校中学年、高学年);パン弁当と、のりまき弁当

Untitled2.jpg 
写真右上)一日に摂りたい食品の目安量の一覧
写真右下)今回は託児も大盛況お母さんたちがお勉強中、皆おりこうさんに過ごしてくれました

+++++++++++++++++++++++
「お弁当作りの体験談」の感想

 かつては、お弁当作りにとても悩んでいた会員Hさん。
作り始めの頃は、どのくらいの量をお弁当箱に詰めたらよいのか見当もつかず、
当時、幼稚園の年少組だった長女には多すぎる量のお弁当を持たせ、
子供にもつらい思いをさせ、自分もおかずを残して帰ってこられて悩み、
食材も何をつめたらよいのかもよく分からず、市販の冷凍食品を適当につめたり、
スーパーで買った、できあいのお惣菜をたくさん買って冷凍保存したものを使ったりして、
手探りをしているのに、「これだ」というものに出会えない焦り、
苛立ち、情けなさを抱えた中で、出会ったのが「かぞくのじかん2009年春号」にあった、
お弁当の特集ページだったとのこと。
 その中にあった、「常備菜」、「手間の貯金」、「フリージング」に
衝撃と感動を覚えながら、即実践して、今に至るというお話は、
自分とも重なる部分があり、とても共感しました。

 Hさんの体験談をうかがって、思わされたのは、「どうにかしたい」とあきらめない姿勢を貫けば、
どうにかできるチャンスは与えられるんだな、ということです。
そのチャンスを生かせば状況は変わっていきます。今回の「こどものお弁当講習会」が、
みなさんの中にある「どうにかしたい」という気持ちに光をあて、
「必ず、どうにかできる」という励ましになれば、幸いだなと思いました。

(会員K 2007年入会)
+++++++++++++++++++++++

~アンケートより、お客様のご感想など(一部)~

・手間貯金は大変参考になった。朝の時間、
 お弁当を作る時間を少なくし子どもとの時間を多くとりたい。
・現代っ子の食習慣コケッココ…思い当たることばかりで反省。
・来年から子どもが幼稚園に。入園前に、お弁当の重要性、
 適切な量など分かりとてもよかった。
・同じ味付けになりやすいので調理法、味付けに変化をつけて
 子どもに楽しんでもらえるようにしたい。
・香港ではお弁当が痛まないか不安がありましたが梅酢について紹介頂き
 ぜひ使ってみたいと思いました。

6月の例会のご案内 | ホーム | 5月例会のご報告

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。