FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友愛セール終了しました

「友愛セールを終えて 」


 日本では台風18号が猛威をふるい、香港では中秋節の連休を週末に控えた去る9月16日、香港友の会恒例の友愛セールが会員宅を会場にして催されました。

blog.jpg
 セールの告知活動はブログ、一斉メール、そして案内ちらしを通園・通学バスのバスストップで手配りしたりと、これまでに築き上げた絆をたよりに地道に行いました。また、当日、自由学園広報室より荻野さんが、多忙なスケジュールの中をセールの応援に駆けつけてくださいました。
 
 午前11時の開場とともに、赤ちゃん連れのママさんや、以前、講習会に参加された方、会員の友人知人あわせて約50名ほどのお客様が、会場近辺にお住まいの方はもちろん、香港のあちらこちらからお越しくださり、会場内の人口密度も一時的に濃くなりました。開場30分で食品はほぼ完売、また、3点の鍋帽子Rが売れました。

 
 夏休み中に前年度リーダーだったTさんが帰国され、少しさみしさを感じましたが、そのTさんが「友愛セールに役立ててください」と献品してくださった、「かぞくのじかん」と「婦人之友」のバックナンバーを手にしてくださるお客様が大勢いらっしゃいました。翌日、「かぞくのじかん」と「婦人之友」の両方をお買い上げいただいたお客様より「あの本にはいいことがたくさん書いてあって勉強になった」「お弁当のおかずを作りおきすればよかったのね。早速実行したいわ」との感想をいただきました。
 
 その感想を伺って、セールで買ったお菓子を食べながら、「かぞくのじかん」、「婦人之友」を読むという時間が生まれたのだな、と思いました。それまでは、「友愛セールでたくさん売り上げて、たくさん寄附したい」、「いろいろな惣菜を作って出したい」、「不用品を有効活用させよう」との思いが強く、セールはセール、学びは学びと分けて捉えていたのですが、実はふたつはつながったものなのだと気付かされました。今回は友の会の活動の原点である雑誌「婦人之友」と友の会で活動している私たちの実践の成果の両方を同時にお客様に知っていただける友愛セールとなりました。
 
 「婦人之友は人気で売れるのでなく、不十分ながら真実にふれている所が多いせいでしょう、
真実は人気以上です。(羽仁もと子著作集第二十巻 「自由・協力・愛」より)」とあるように、私たち香港友の会はその真実の中にあり続けながら活動の輪を広げていきたいと思わされました。

 友愛セールに来てくださった皆様、出張の合間を縫って駆けつけてくださった荻野さん、たくさんの「かぞくのじかん」と「婦人之友」を献品してくださったTさんに心より感謝します。

(会員K 2007年入会) 

 

10月の例会のご案内 | ホーム | 9月例会のご報告

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。