スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港友の会30周年記念講演会 井田典子氏「モノと時間と心の整理」 終了しました

写真1 

2014
108日、香港友の会30周年記念として井田典子氏を講師に迎え、
「モノと時間と心の整理」という演題で講演していただきました。
デモの影響で、参加者も減るのではないかという不安も他所に、
合計95名のお客さまがご参加くださいました。
皆さん、熱心に井田さんのお話を聞かれていてメモを取ったり、
講演後に質問されるなど、暮らしを良くしたいという思いが伝わってきました。

DSC02263.jpg

※※※※ お客さまの感想より(一部) ※※※※

・具体例が多く、目に見えるのでわかりやすかった。

・すっきり暮らす知恵を具体的に教えてもらえたこと。
・処分することも大切と思った。
・お話を聞いて、前向きに片付けが出来そうと思えた。
・収納が少ないことを理由にしてはいけないので、
 シンプルな生活を目指したいと思った。

・引越しに向けて参考にしたい内容だった。
・家にある物の量の把握をしようと思った。
・子育て・家事・家族について見つめ直して、心の整理をしたい。
・モノと心の関係にはとても共感した。
・「あさイチ」は録画して何回も見たが、
 テレビでは聞けないお話を
聞くことができて有意義だった。
・モノ1種類につき1点のみにし、残りは処分することを実践したい。

・枠を決めてその中に収まるだけにモノを絞ることを実践してみたい。
・朝仕事をいつも同じ時間に終える大切さ。
・「だ わ へ し」をしてみたい。
・おもちゃがあふれているので、必要なものを子供と一緒に
 選んで処分しようと思う。

・「家庭を簡素に」を心がけたいと思った。
・調味料の買い置きをしないという点が参考になった。
・思い出の品の残し方がよかった。
・子供がもう少し大きくなったら、おこづかい帳とお留守番ノートをしてみたい。


※※※※ 会員の感想 ※※※※

 日本の友の会でもなかなか、井田さんのお話を聞ける機会はないと思うのですが、
それが香港で聞けるなんて!と、とても感激しました。
 井田さんのお話を聞いて、「モノと時間と心の整理」というように
単なる「お片づけ」だけでなく、身の回りをすっきりさせておくということは
時間の使い方や、自分の心のあり方にもつながっていくのだなぁと感じました。
 感動して帰ってきた私の気持ちを知ってか、知らずか、
もうすぐ誕生日を迎える息子が急に自分のおもちゃなどを整理する、
と言い出しました。「だってもうすぐ9歳になるのに、子供っぽいおもちゃを、
いつまで持っててもおかしいと思うから。」とのこと。
早速、週末に私も手伝い、井田さんのお話を思い出しながら
子供部屋を大掃除しました。
今まできちきちだった収納スペースに余裕が出て、
明らかに片付けやすくなりました。

私もそれに影響され、まずは目についたところから少しずつ片付けを始めています。
なかなか片付けに没頭できるほどの時間は取れないですが、
家の中の小さなスペースでも少しずつ良くなっていくのは気持ちがいいものです。
 狭い上に、まともな収納スペースもほとんどない、という
香港の住宅事情ではありますがそれに諦めず、むしろ工夫のしがいがあると考えて、
スッキリした暮らしを目指して行きたいです。
(会員 E


 井田さんの講演会の中で特に印象に残ったのは、
「部屋が汚いと家族が不快に思う」という、至極当たり前の言葉でした。
今まで私は、整理整頓は家事の中で優先順位が低いものだと思ってきました。
食事を作らないとお腹が空くし、洗濯をしないと着る服が無い。
でも、部屋が散らかっていても生きていくうえで問題ないと。
しかし、井田さんのお話を聞き、今後考えを改めようと思いました。
講演会のあと、キッチンに出しっ放しだった調理用具やカトラリー立てをやめ、
全て中にしまうようにしました。たったそれだけなのに、
イライラがスーっと無くなりました。
少しずつ、家族と自分の心の平穏のため、
頑張ろうと決意できた大変有意義な講演会でした。
(会員 F


photo2.jpg

10月11月の活動のご報告 | ホーム | タッピングタッチ講習会のご報告

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。